1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                          ↓  ↓  ↓  ↓                                                                     宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法

2017年01月13日

宅建士試験の難易度は?

決して簡単な試験ではないですが、難関の試験でもありません。ごくごく普通に勉強していれば、ごくごく普通に合格します。

マークシート形式

試験形式が択一式です。正しい記述・間違ってる記述はどれか?と問われる試験ですので、自分の頭で考えて記入するような、記述式の試験ではありません。適当にサイコロふったってある一定数は正解します。

私のように、漢字が苦手な人間にとっては、マークシート式の試験は非常に楽です。記述式ですと、答えが解っていても、それを表す漢字が解らなければ、不正解と同じですからね

四肢択一

一つの問題につき、選択肢が四つです。もうちょっと難しい試験ですと、選択肢が五つある五肢択一が普通です。選択肢が一つ減るだけでも、試験の難易度が大幅に下がるのは、容易に想像出来るでしょう。

足切りがない

宅建士試験には足切り制度がありません。足切りとは、例えば科目ごとにある一定以上の点数を取っていないと、それだけで不合格とされてしまう恐怖の制度です・・・足切り制度がある資格試験の場合、苦手科目があると圧倒的に不利です。その苦手科目が足切り基準点に満たない場合は、他の科目が満点でも不合格ですからね。

宅建士試験には足切り制度がありませんので、出題数も低い苦手科目は捨てて、得意科目をどんどん伸ばそうと言った戦略がたてられます。
posted by たく at 21:04| Comment(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                          ↓  ↓  ↓  ↓                                                                     宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法