1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                          ↓  ↓  ↓  ↓                                                                     宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法

2017年01月13日

宅建試験に独学で合格する方法と勉強時間

宅地建物取引士の資格取得を目指して頑張っている人も多いと思います。
中には独学で合格を目指したい!という人もいると思いますが、スクールなどを覗いてみると、独学では合格のハードルが高いといわれてしまい、どうしようか?と迷っている人もいると思います。
どのように独学で勉強すれば合格できるのでしょうか?
posted by たく at 21:00| Comment(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強時間が重要ではないです

300時間というのは宅建試験の初学者、入門者が対象なので、不動産の実務経験がある人や、これまで何度か不合格になった人などは、半分の約150時間程度で合格できるのではないでしょうか。

ただ、目的は宅建試験に合格することであって、勉強時間を積み重ねることではないので時間数はあまり気にしなくてもいいと思います。

他の資格などと比較して、目安で約300時間程度ということです。

しかし結局重要なのは、勉強に充てる時間の中身ですよね。例え300時間やったとしても合格しない人は、勉強のやり方が何か間違っているのだと思います。
posted by たく at 20:59| Comment(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建試験合格者の職業

宅建試験の受験者には、宅地建物取引業の従業者のほか、金融業や建設業にも及んでいます。



平成22年度の試験合格者の職業別は、不動産業28.5%、金融関係10.0%、建設関係10.4%、他業種23.8%、学生9.8%、主婦3.9%、そのほか13.5%です。(受験者の職業別においての割合も、合格者とだいたい同じ割合です。)



中でも、不動産業の占める割合が高いことがわかります。金融関係や建設関係に多いのも職業柄といったところです。



このように、宅建試験は職業人の合格者(受験者)が多い資格です。



このことには意外なまでに職業直結であったり、それがための当然であるようにも思えますが、会社から資格取得を奨励することの多いことが要因として表れています。



否応なく、会社に受験させられている場合も含めて、必要性にせまられる場面もあるようです。



会社での物件に関する綿密な契約では、とりわけ宅建の勉強が活かせます。



合格者の平均年齢は34.9歳となっています。
posted by たく at 20:57| Comment(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                          ↓  ↓  ↓  ↓                                                                     宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法